見出し画像

下田美咲さん風に考えた男の僕が「吉川メソッド」で筋トレをする理由 ~男に生まれたからには~

自分なりに考えた筋トレをする理由

noteで下田美咲さんが『身も蓋もない話。〜新婚生活の記録〜』というマガジンを運営していて、その中の『2016年に私がエッチをした回数。』という回で以下のような発言をしていた。

自分の持っている機能を
最大限に活用して生きていきたい
(中略)
この肉体でエンジョイできることはエンジョイしたい。

そこで自分にとって自分の持っている機能とはなんだろう?と考えた。その結果思いついたのが、男として生まれたからこそ出てくる「男性ホルモン」である。それは言い換えると、男として生れたからには人生で一度ぐらいマッチョにならねば、男性ホルモンという宝の持ち腐れであるということだ。

筋肉ムキムキになるためには、筋肉を育てる必要がある。そのときに必要となるのが男性ホルモンであるテストステロンだ。女性にも男性ホルモンは有るのだが、その絶対量がどうしても少ない。ゆえに女性はどんなに筋トレしても筋肥大させるのに限界がある。筋肥大できている女性の多くはステロイドなどを服薬しているはずだ。その点、男性は筋トレ・食事・休息をしっかりすれば、かなりの確率で太マッチョになれる。太マッチョになることは男性に与えられた特権と言っていい。

男に生まれたからには人生で一度ぐらい太マッチョにならねば損であるとも言える。

そんな理由もあり、私は太マッチョを目指して筋トレをしているのだが、一つの問題に直面した。
それはマンネリ化である。

筋トレで効果を出すためには筋肉痛を発生させることが重要なのだが、マンネリ化が進むと筋肉痛を生じさせるのが難しくなる。

一般的な解決法としては「重量を上げる」か、「フォームを見直す」かの2択である。

「重量を上げる」のは手っ取り早いのだが、フォームが正しくないと関節に負担がかかって大怪我をするリスクがある。私は1人で筋トレをすることが多いので客観的にフォームを見られない不向きな選択肢だ。
一方の「フォームを見直す」のは安全なのだが、1人だとどうしても難しい。Youtube動画を参考にすることが多かったがなかなか上手くフィットするのが見つからなかった。わかりやすくても長過ぎたり、短くコンパクトにまとまっているけどわかりにくかったりするものが多かった。

吉川メソッド本は筋トレのマンネリ化を解決する

そんな時見つけたのが、今回紹介する「DVD付き 狙った筋肉を鍛える! 筋トレ完全バイブル」だ。

この本は、吉川メソッドという筋トレ法を確立した吉川朋孝さんが自ら筋力トレーニングの方法を解説する本である。最大の売りは本に付属しているDVDにある。普通の筋トレ解説動画は手本の人がポイントを説明しながらやって見せて終わりだ。この本のDVDはそういった部分をしっかり収録しながら、男性指導編、女性指導編というパートがある。この部分ではそれぞれモニターの男性、女性がでてきて実際に吉川さんに指導を受けている。この時、どういったところでフォームが崩れやすいのか、またそれをどうやって直していくのか確認することができる。また、少し精神論になってしまうが、モニターの人達が苦しそうにやっているのをみて少し安心する。できなかったり苦しかったりするのは自分だけではないのだと思うことができる。


実際にこの本で紹介されていたシシー・スクワットという種目は太ももの前側の筋肉に完璧に効かせることができる。

さらにDVDで紹介されている「シシー・スクワット → スクワット」を連続で行うの「あわせ技」は強烈だ。悶絶必至だろう。ぜひ挑戦されたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

記事を気に入ったらぜひtwitterFacebookでシェアしてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

justinです。筋トレいっぱいやってます。6パックと甘美なるメロン肩と鬼の背中とアツい胸板を身にまとうために。もっと細かいつぶやきはtwitterで (https://twitter.com/justin999_)

😁末吉 😁
2

justin / iOSエンジニア

なぜ僕は筋肉を鍛えるのだろうか? 最初は筋トレすれば健康になるとか、仕事がうまくいくとか、そんな理由をつけていた。 しかし、もうそんなことは思わない。 多少の健康の崩れと筋肉どっちを取るか? 筋肉だろう。 https://twitter.com/justin999_

コンテンツ会議

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。