見出し画像

倍前屋の頑固オヤジが語るコーヒーの世界「ツルヤコーヒー教室」

この記事はコーヒー Advent Calendar25日目の記事です

こんにちは。ピースオブケイクという会社でエンジニアをしております、justinです。弊社ではコーヒーが文化として根付いております。オフィスに勤務するエンジニア/デザイナー6名中5名がペーパードリップでコーヒーを淹れております。

先週の火曜日、5杯分ほどのコーヒーを淹れて車内に振る舞ったら「おいしい」と絶賛されたのです。豆は堀口珈琲のエチオピア・シティーロースト。苦味も渋みもなくとっても美味でした。しかし、木曜日に淹れたコーヒーは苦くて渋い、飲むに耐えないものになっていました。要は、火曜日のおいしかったコーヒーはまぐれだったのです。そこで私はコーヒー教室の門をたたくことを決意したのです。今回は、そこで学んできた知見を少しシェアしたいと思います。

1. いざ、ツルヤへ

悔しかった僕は「コーヒ教室 東京」でググったところ、スタバやKEY COFFEEなど大手をはじめ、前述の堀口珈琲のものなどたくさん出てきました。しかし、その週末に受講できるコーヒ教室は浅草にあるツルヤ珈琲専門店のみ。迷わず電話しました。電話すると、

僕:「珈琲教室の予約したいのですが...」

ツルヤ:「何名様ですか?」

僕:「2名です」

ツルヤ:「他に一人女性がいますがいいですか?」

僕:「いいですよ!」

2. 豆の種類

いざ、珈琲教室に着くと、店主が世界地図をはじめ、説明を始めました。僕が印象に残ったのは豆の種類の話でした。ブラジル、キリマンジャロなど単一の豆の種類は繊細な味がするので、まだ舌がボケていない朝のうちに飲みましょう。また、ブレンドはいろいろな味が混ざっているので味が濃くなります。こういったコーヒーはランチや夜飲むのに適しています。ぜひ参考にしてみてください。

3. 道具について

また、道具についても教えてくれました。焙煎機や、ミル、ポットなどいろいろ教えてもらいました。印象的だったのは、コーヒーをドリップする際に初心者はこのコーヒードリッパーのように透明なタイプの方が良いということでした。

ドリップする際にコーヒーを蒸す工程があるのですが、ここで豆全体にお湯が行き渡ることが大切です。これが透明でないと確認できないのですね。僕はしばらくこの透明なタイプで修行することにしました。

4. とにかく一度おためしあれ!

他にもいろいろなお話がありました。たった1500円でさまざまなことが学べます。皆様も良かったらぜひ行ってみてください。また、おすすめの珈琲教室がありましたら教えてください。

(ちなみに、ツルヤ珈琲のホームページには20分で500円と書いてありますが、実際は60分で1500円です。お気をつけて。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

justinです。筋トレいっぱいやってます。6パックと甘美なるメロン肩と鬼の背中とアツい胸板を身にまとうために。もっと細かいつぶやきはtwitterで (https://twitter.com/justin999_)

😁大吉 😁
6

justin / iOSエンジニア

なぜ僕は筋肉を鍛えるのだろうか? 最初は筋トレすれば健康になるとか、仕事がうまくいくとか、そんな理由をつけていた。 しかし、もうそんなことは思わない。 多少の健康の崩れと筋肉どっちを取るか? 筋肉だろう。 https://twitter.com/justin999_
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。